ニンニクの身体への影響の凄さ

今のところ、にんにくでの副作用については実体験は有りませんので、色々な文献から引用させていただきます。

ただ、食べ過ぎて頭が痛くなった経験は有ります、これも副作用と言えば副作用ですね。1日あたりの適量は、生のにんにくで1個以内、加熱調理したにんにくで2個以内にする。

適量を超えて、にんにくを過剰摂取すると、下痢やにんにくアレルギー、胃や腸の炎症、腹痛など副作用の可能性があります。また病気の治療のために薬を服用しているときには注意が必要です、薬によっては、にんにく料理やサプリメントを摂ると、副作用が起こる場合があります。

心筋こうそくや脳こうそく、脳内出血などの予防で、血液を固まりにくくする薬を用いている場合などは注意が必要ですし、にんにくに含まれる”アリシン”という成分は、肝臓の代謝酵素に影響して、抗ウイルス薬の働きを弱めてしまう副作用があります。

色々調べてみると簡単に無視できないリスクの存在も明らかになり、にんにくの身体への影響の凄さも実感させられました。ほどほどに美味しく食べるのがベストなのでしょう。


>> ☆決定版☆ にんにくサプリランキングはこちら <<

会員制エステ