独特の匂いを発する

にんにくの匂いはお好きですか。生のままだとちょっときつい感じはしますが、焼いたり、油で揚げたり、調理されたにんにく香りは実に香ばしいものですし食欲をそそります。

では、この匂いの成分は何なのでしょうか、ちょっと調べてみます。やはり前述した「アリシン」が犯人のようです。にんにくに含まれている「アリイン」が空気中の酸素に触れるとアリナーゼと言う酵素の働きによりアリシンに変わり独特の匂いを発するようになるのだそうです。

ですから、にんにくは切ったり、すりおろしたりした段階で匂いを発生させるわけですね。この匂いのきついにんにくを生のままで食すると元気が出そうな気がしますが、後々厄介なことになるので、翌日が休みの日以外は少し控えたほうが無難かもしれませんね。

勢いで食べちゃって、匂いがちょっと気になるときの対策としては、さまざま有るようですが、緑茶、抹茶類の効果が人気があるようです。以前は牛乳が最有力でしたが、日本茶がいけそうです。試してみてはいかがでしょう。


>> ☆決定版☆ にんにくサプリランキングはこちら <<

会員制エステ