種類はあまり多くないのです

にんにくといえば、食べると力のもとになる健康食材というイメージが強いです。基本的には薬味として調理に使う場合が多く、普段にんにくの種類まで意識をせず調理に使っている人がほとんどです。

基本的ににんにくには種がありません。そのため種類はあまり多くないのです。日本のにんにくは寒い地域で生産されるものと、温かい地域で生産されるものに分けることができます。

日本で特に多く栽培されているのが寒い地域で生産されるホワイト六片や福地ホワイトです。スーパーで良く見かける中国産のにんにくに比べると粒が大きいのが特徴です。色が白く品質が高いため比較的高級品として扱われる場合が多いです。

この他にも温かい地域で生産されているものがあります。壱岐早生、遠州早生,佐賀大ニンニクなどがです。基本的に産地の名称がつけられています。

この他にも中国から輸入されているにんにくも存在します。日本産のにんにくに比べると粒が細かくわかれているのが特徴です。また茎にんにくやにんにくの芽として販売されているものも中国産になります。中国産のにんにくは日本産のにんにくよりも大変安価なため、普段の食事に使う場合は中国産がメインになっています。

しかしにんにくの栄養素を凝縮した食品などは高い品質が求められるため、日本産のにんにくが使用されている場合がほとんどです。


>> ☆決定版☆ にんにくサプリランキングはこちら <<

会員制エステ