30日間かけてゆっくりと熟成






青森県産の高品質な福地ホワイト六片を30日間かけてゆっくりと熟成させたのがやわたの熟成にんにく卵黄です。30日間熟成させたにんにくは真っ黒になっています。この黒さこそがにんにくの力が凝縮された証なのです。

白いままのにんにくに比べて熟成された真っ黒なにんにくはアミノ酸やタンニンの量が増加しています。アミノ酸やタンニンといえば健康維持には必要不可欠な栄養素です。

中国産のにんにくは粒が細かく分かれているのが特徴ですが、青森県で育つ福地ホワイト六片は粒が大きく、輝くように白いのが特徴です。にんにく特有の辛みや匂いが大変強く高級品種として流通しています。

そのようなにんにくを日常的に食べようと思ってもなかなか実際には難しいところです。しかし、やわたの熟成にんにく卵黄ならば1年を通していつでも素晴らしいにんにくの力を取り入れることができます。

高品質な福地ホワイト六片に熊本で育った有精卵の卵黄を使用する事によりマイルドな優しいサプリメントに仕上がっています。


会員制エステ